就職に役立つ資格を取りましょう│医療で働きたい人はチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の相談に乗る

カウンセリング

医療の仕事の中には、心理カウンセラーというものがあります。心理カウンセラーは、相談にきた人の話を聞いて解決に導くためにアドバイスをするのです。この仕事は自分が相談者の悩みを解決するのではなく、相談者が自分で問題を解決できるように促すようにしないといけません。精神科医と違う点はそこで、相談にきた人にとって気兼ねなく悩みを話せる相手といったほうがいいでしょう。最近では、仕事や家庭の事情などで悩む人が増えているので、カウンセリングを必要としている人がたくさんいます。心理カウンセラーになるためには、臨床心理士という資格が必要になります。この資格は大学だけでなく大学院までいかないと取得することはできません。ですが、臨床心理士の資格以外にも民間資格の中には、カウンセラーとして働ける資格があります。ですから、専門学校で取得することができますし通信講座でも獲得することが可能です。

心理カウンセラーになるために求められる資格には、メンタルケア心理士という民間資格があります。これを獲得するためには、学校指定教育委員会でメンタルケア心理士の講座を全て受講した人が受けることができるのです。保管も認定心理士や産業カウンセラー初球の資格を持っている人ならば試験を受けられるでしょう。試験は3月と7月、9月と12月に行なわれていて年に4回獲得するチャンスがあります。試験にかかる費用は7,700円となっていて、決して安い金額ではないので確実に合格できるという時だけ受けることをおすすめします。