就職に役立つ資格を取りましょう│医療で働きたい人はチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師のサポートをする

男の人

病院には医師や看護師以外にも、医師事務作業補助者という仕事があります。この仕事は何をするのかといいますと、医師が行なわないといけない事務仕事をサポートすることです。医師は患者さんの診察や治療を行なうだけでも大変で、事務作業まで行なとなると作業に集中できません。医師の負担を軽くするためにも、医師事務作業補助者という仕事が必要になります。事務のサポートということで、診察を受けた人の診断書の作成や紹介状の診療情報提供書の作成を行ないます。このような仕事を医療文書の作成代行というのです。次は、電子カルテに診療した際のデータを入力する作業があります。電子カルテに入力する際は、医師と一緒に行動して外科診察に同行するのです。その際に、カルテに診察の様子を入力したり医師が気になった箇所について入力したりします。他にはその病院の質を高めるために外科手術の症例登録やがん登録などの作業と、厚生労働省に報告する診療の情報の整備などをします。

医師事務作業補助者は、資格を取得しなくてもなることができる仕事です。ですが、実際に医療機関に勤めて半年の研修を受けないといけません。それだけではなく、週4日以上を出勤することができて、労働時間が32時間以上勤務できる職員でないといけないのです。資格は必要ありませんが、医師事務作業補助技能認定試験や、医療秘書技能検定試験などの資格を持っていれば就職は有利になります。医師事務作業補助者は直接治療を行なう訳ではありませんが、医療の資格を持っていれば必ず役立つはずです。